広告制作の流れ

広告はそもそも広告代理店を通さなければ広告枠をとれずに展開することができませんでした。広告を展開するには広告代理店に依頼するのが必須になるほど無くてはならない存在でした。しかし、Webの発展による影響で広告枠を直接購入することができる環境になりました。広告代理店を通さないので広告費、製作費における仲介手数料が削減できます。Web動画広告枠を直接購入、展開することで予算を大幅に削減は難しくても自社展開することにより、ノウハウが蓄積されるという経験を得る事ができます。

広告代理店
glückliches älteres paar renoviert die wohnung

広告を制作するにあたり、キャッチコピーやグラフィックで消費者にアクションを起こさせるのが広告の目的です。クライアントから要望を聞き、制作チームを組んで広告のコンセプトやデザインを立案します。クライアントに採用されるようプレゼンテーションを行います。その後制作し予算内に収めて納品です。

広告の重要なポイントとしてコピーライターの存在です。短いフレーズでインパクトを与えるキャッチコピーは決め手ともいえるでしょう。他にも長い広告文のボディーコピーというのも存在し、それも制作してもらいます。更にデザイナーが作成すグラフィックが加わり、広告が完成します。